ウォーターサーバーを選ぶ際の注意点

ウォーターサーバーにはデザインや契約内容等について様々な種類があり、選択に迷うほどです。まず、月額費用に注目しなければなりません。月額費用には、水代・電気代・レンタル料金が含まれます。水の使用量は個人や世帯によって異なりますが、1ヶ月当たり使用量の下限が定められているため、1リットルの料金が安いというだけで契約すると、1ヶ月のノルマが多く飲みきれないという事態を招くこともあるので注意しましょう。

省エネ機能付きの製品なら、電気代がお得になるためおすすめです。レンタル料金は無料の場合も多いですが、省エネ機能付きの製品はレンタル料金が発生することもあるでしょう。取替用のボトルを使用するタイプには、使い捨てと回収の2種類があります。デザインとサイズも重要で、部屋の広さや雰囲気に合ったお洒落な物を選びましょう。

ウォーターサーバーの管理方法

ウォーターサーバーは、いつでも綺麗な天然水を飲めるので便利ですが、しっかり衛生管理をしないと雑菌が発生し、カビが生えたりするため注意しなければなりません。取替タイプのボトルは洗浄する必要がないものの、水が出るノズルやボトルとの接合部は、定期的な清掃が欠かせないでしょう。ノズルは取り外して、内部まで洗う必要があります。温水が出るウォーターサーバーについては、幼い子どもがいる家庭の場合、子どもがいたずらして火傷しないように、チャイルドロックが掛かっているか常にチェックを怠らないようにしましょう。

ウォーターサーバーの置き場所としてはリビングやキッチンなどが定番です。しかし、夜中に喉が急に乾いた場合にすぐに使えるという事情から寝室に置くというパターンも人気があります。